研究組織

領域代表

松島 綱治

東京大学 大学院医学系研究科 分子予防医学分野 教授

 

研究班

A01 慢性炎症性疾患における炎症細胞社会学の確立

肺線維症における炎症細胞社会

研究代表者
松島 綱治
東京大学 大学院医学系研究科 分子予防医学分野 教授
研究分担者
上羽 悟史
東京大学 大学院医学系研究科 分子予防医学分野 講師
研究分担者
橋本 真一
金沢大学 大学院医薬保健総合研究科 未病長寿医学講座 特任教授

 

肝硬変における炎症細胞社会の解明

研究代表者
金子 周一
金沢大学 大学院先進予防医学研究科 システム生物学 教授
研究分担者
本多 政夫
金沢大学 大学院医薬保健学総合研究科 病態検査学 教授
研究分担者
山下 竜也
金沢大学附属病院 消化器内科 講師

 

進行性腎障害における慢性炎症の意義とそれに立脚した分子予防学の構築

研究代表者
和田 隆志
金沢大学 大学院医薬保健学総合研究科 腎臓内科学 教授
研究分担者
古市 賢吾
金沢大学附属病院 血液浄化療法部 准教授
研究分担者
坂井 宣彦
金沢大学附属病院 血液浄化療法部 助教
研究分担者
岩田 恭宜
金沢大学附属病院 腎臓内科・感染制御部 特任助教

 

炎症細胞社会における臓器脂質の量的質的変容がもたらす炎症と線維化の機序と予防戦略

研究代表者
島野 仁
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 教授
研究分担者
松坂 賢
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 准教授
研究分担者
中川 嘉
筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 准教授
研究分担者
ハン ソンイ
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 研究員

 

 

A02 環境因子による制御と分子標的予防の確立

環境ストレスによる生体応答、エピゲノムとプロテオーム解析

研究代表者
大迫 誠一郎
東京大学 大学院医学系研究科 健康環境医工学部門 准教授
研究分担者
市原 学
東京理科大学 薬学部薬学科 市原研究室 教授
研究分担者
藤渕 航
京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 藤渕研究室 教授

 

炎症細胞社会の中でのRNF213変異によるかく乱と血管閉塞性病変形成の解明

研究代表者
小泉 昭夫
京都大学 大学院医学研究科 環境衛生学分野 教授
研究分担者
原田 浩二
京都大学 大学院医学研究科 環境衛生学分野 准教授
研究分担者
Shoab Youssefian
京都大学 大学院医学研究科 分子バイオサイエンス分野

 

ケミカルバイオロジーを用いた炎症性疾患に対する分子標的予防研究

研究代表者
酒井 敏行
京都府立医科大学 大学院医学研究科 分子標的癌予防医学 教授
研究分担者
早川 芳弘
富山大学 和漢医薬学総合研究所 教授
研究分担者
飯泉 陽介
京都府立医科大学 大学院医学研究科 分子標的癌予防医学 助教

 

 

A03 炎症細胞社会情報学の確立

単一細胞シークエンスデータに基づく細胞社会学のための情報手法の開発とデータ解析

研究代表者
池尾 一穂
国立遺伝学研究所 生命情報研究センター 准教授
池尾
研究分担者
渡邊 日出海
北海道大学 大学院情報科学研究科 教授
渡邊
研究分担者
太田 聡史
国立研究開発法人理化学研究所 バイオリソースセンター 研究員
太田
研究分担者
小倉 淳
長浜バイオ大学 コンピュータバイオサイエンス学科 准教授
小倉